早漏改善 - 早漏防止 - 早漏治療 | そうろう対策集

早漏防止、早漏治療、早漏改善(そうろう防止、そうろう治療、そうろう改善)対策方法のまとめ。

せいりょくざいを飲んでも、日常生活の五つのことを注意しないと性機能に損害

time 2014/03/04


せいりょくざいを飲んでも、日常生活の五つのことを注意しないと早漏のように性機能に損害

せいりょくざいを飲んでも、日常生活の五つのことを注意しないと早漏のように性機能に損害を与えてしまう。下記は男性が一番恐ろしい五つのことだ。この五つのことを重視してから性機能をしっかり保護することができ、男性の男らしさを保つ。

せいりょくざいを飲んでも、柔軟のところを長座して精子が弱くなる

軟:長時間柔らかいソファーに座らないこと。長時間柔軟なソファーに座ると、陰嚢にひどい傷をつける。骨盤を支点として陰嚢をゆったりと両腿の間におくのが正しい座り方である。しかし、軟らかいソファーに座って陰嚢が圧迫せれ太ももにぴったり貼り、そうしたら局部の温度を高くさせるだけでなく局部の血液循環も障害され、その結果は精子とケトンの形成も影響させだ。だから、男性は長時間柔らかいソファーに座らない、40分間ごとに歩いた方がいい。

せいりょくざいを飲んでも、冷えの環境の中に長く居れば性機能がダウンされる

冷え:エアコンの冷たい風を直接当たるのを避けること。男性の性機能が季節と気温と非常に深いな関係がある。普通は寒い環境で性機能が落ち「熱すれば膨張し冷えすれば縮む」という規律と同じ。寒さは男性のペニスと 陰嚢 などの器官を縮まれ、触覚もそんなに敏感にならなくなる。寒さも前立腺を引き起こしたり症状を強めたり、早漏、射精痛などの不具合を引き起こす。だから、男性は寒い季節に防寒対策を注意し、夏にはエアコン直接当たるのも避けてセックス中の冷え込みを防ぐ。

せいりょくざいを飲んでも、熱い環境の中に長く居れば睾丸の働きに悪影響

熱:高温で睾丸障害を防ぐこと。睾丸は精子形成と男性ホルモンの合成器官で男性の重要な生殖器である。睾丸を正常に働かせるために温度は必ず35.5℃—36℃に保持する。周りの温度が高くなると睾丸の正常機能が影響されてしまう。これこそ、男性がタイトなパンツ、ジーンズの穿く頻度を減らし、温泉とサウナも同じ減少して、長時間高温環境にいることを避け、パソコンを太ももにおいて使うのもしない方がいい。

せいりょくざいを飲んでも、湿っぽいの環境なら遺精、早漏になる

湿っぽい:湿度高いの環境は病気を引き起こしやすいこと。湿っぽい環境と外性器の局部の湿っぽさが股部白癬、陰嚢湿疹などの皮膚病を招きやすい。この皮膚病は局部のかゆみ、皮疹、色素沈着、異常な匂いも引き起こし、男性の自信と性欲を深く影響する。カップル間の邪推と矛盾を巻き起こす時もある。それ以外に遺精、早漏などの現象にもつなげる。だからこそ、男性はセックス前後に性器官をちゃんと洗って、そこの清潔と乾燥を維持することを注意すべきだ。なお薄くて全棉のパンツを穿き毎日取り換えて、局部の風通しを良くするとアドバイスする。

せいりょくざいを飲んでも、疲労を避けないと、インポテンツになりやすい。

疲労:疲れすぎて幸せな性生活が送れないこと。男性は緊張や疲労になる時交感神経が興奮の状態になり、これは性欲とペニス勃起を明らかに抑える。肢体の疲労は必ず男性のセックス能力を影響し、満足度を大きく下げる。だから、男性は自分の生活を適切にアレンジして、疲労すぎることを避けるべきだ。

down

コメントする




早漏克服(そうろう克服)

早漏対策(そうろう対策 )

早漏治療(そうろう治療)