早漏改善 - 早漏防止 - 早漏治療 | そうろう対策集

早漏防止、早漏治療、早漏改善(そうろう防止、そうろう治療、そうろう改善)対策方法のまとめ。

せいりょくざい要らず 早濡防止10方法

time 2014/02/12


早濡防止

早濡は男性の悩めです。中折れは男女セックスに影響する肝心な要因の一つです。アンケートにより、7/10以上の人は自分が更に長い勃起時間を希望しています。そして、かなりの男性はせいりょくざいを使い、早濡防止または中折れ防止を対策としています。但し、長期間にせいりょくざいを使えれば、体に悪影響があるし、耐性もついてしまって、効かなくなる場合もあります。それでは、男がどうやってせいりょうくざいを要らず、性愛時間を有効に延長し、早濡防止するのか。

一、早濡防止法の一:礼儀精神

性愛が必ず向こうの思いを気に入れなければならない、向こうの反応が強烈であれば、貴方の圧力を緩和できます、それで、更に自由に、思いのままに自分の欲望を満足できます。

二、早濡防止法の二:自分訓練

即ち、自分を慰めること。自分を15分間以上持ちこたえて、このところで、頭の中で向こうに成高潮をさせるのを想像することも必要です。

三、早濡防止法の三:強”性”運動

平日に尻部の収縮と骨盤の筋肉の鍛え運動をして、10秒後に緩めます、何回繰り返すこと。射精筋肉のコントロールを強化できます。

四、早濡防止法の四:興奮を抑えられる

人的の性反応過程は興奮期、耐久期、高潮期、解消期に分けられます。興奮しすぎると、すぐに解消期に入りやすくて、ですから、自分が興奮を適度な範囲に抑えることが重要で巣。若しも興奮状態を10ランクに分けると、興奮ランクを7分に抑えると十分です。

五、早濡防止法の五:体位交換

女が上にいるときに、男が受ける刺激が小さくて、射精を遅らせる。が、女に刺激し過ぎないように注意する必要があります。でないと、男が耐えられなくて、耐久力が低くなります。

六、早濡防止法の六:無心に柳を植える

諺といえば、功を急げば目的を达することができない。性愛では、自分の射精時間を延ばしたければ、却って快感が早く来る。ですから、男が気持ちが軽くして、前芝居を浴して、ゆっくり楽しむ。

七、早濡防止法の七:尿道を押す

作っているところで、若しも自分の体の反応が早くと感じたときに、陰茎の裏にある尿道を押すことで、陰茎に流す血液を減少でき、快速な射精を抑えられる。

八、早濡防止法の七:”浅く味わい”運動

勃起時に、挿入を急がなくて、膣の口のところで徘徊運動をして、深く挿入しなくて、膣の内部の2~3ミリの所で結構です、度合いの小さい律動で、向こうを快感させることもできるし、陰茎を早く衰えさせることを防止できます。

九、早濡防止法の八:第二次を無視しない

沢山の男が高潮後すぐに横になって寝ますが、若しもちょっと休んだ後に第二次を準備して、第二次の耐久時間を更に延ばして、よく練習をして、今後、第一次の交歓を更に伸ばせます。

十、早濡防止法の十:医者に相談すること



交歓の時間を延ばすように沢山の男がせいりょくざいを飲んでいます、ただし、飲む前に自分がこんなせいりょくざいをのめるか飲めないか医者に相談してください。

 

down

コメントする




早漏克服(そうろう克服)

早漏対策(そうろう対策 )

早漏治療(そうろう治療)