早漏改善 - 早漏防止 - 早漏治療 | そうろう対策集

早漏防止、早漏治療、早漏改善(そうろう防止、そうろう治療、そうろう改善)対策方法のまとめ。

早漏対策に関して

1、薬物治療
早漏対策と言えば、薬物治療は絶対欠かない一つだ。主に抗うつ薬と鎮静剤を服用、器質性病変の患者には抗生剤を与えることで、原発性疾患治療するなど。

 

2、早漏対策の心理療法

心理原因で引き起こす早漏もたくさんあるので、早漏を引き起こす心理的な原因を分析し、心理カウンセリングを行うことで病因を究明し、正常の条件反射を、脳にプログラミングされてしまおう。

A、「 夫婦両方は心理的に婚前性行為による性機能障害を理解したうえ、意識的に夫婦の営みの頻度を下げ、以前から固定されていた不良性の心理パターンを改正しよう。

B、「 新しく築いた心理パターンのもとで、夫婦は恋人、初恋から、二人の愛情の歴史顧み、家庭の安全かつ温かい雰囲気の中で、一から始め、夫婦の間の営みを満喫しよう。

C、「 奥さんのほうは恋愛の時のオシャレを取り戻し、夫の新鮮感を充分に引き起こそう。

D、「 これからの生活においても、奥さんのほうは意識的に旦那さんとの距離感を保つ、夫に引き続き新しい心理と生理の変化を強化させよう。

 

早漏対策

 

夫婦両方の協力は早漏対策に最も大事な一つである。

3、行為中による治療

早漏対策は日常生活にすべき、性行為にも早漏対策を実施できる。

(1)鎮静剤或いは類似の薬物を使って亀頭の敏感性を強めよう。

(2)妻に協力してもらって、陰茎をこすり訓練によって射精感をおさまり、しきい値を高めよう。

(3)体位を変え、緩から急に、大幅の動作を抑え、射精時間を延ばそう。

4、手術による治療

プロテーゼ法

この早漏対策は重度の勃起障害かつほかの治療法が無効のうえ、患者さんの最終手段だ。術に使うインプラント性能の改善と施術の円滑さアップするとともに、熟練した医師による施術の成功率は95%に達する。近年、インプラントを使って、勃起障害の治療による成功のケースは多いのですが、高価かつオペの施術に於ける高度の要求、インプラントについて理解不十分などの原因で、プロテーゼ法を受ける患者数は勃起障害患者総数の7%くらいしかありません。

陰茎背神経遠端部分切除術:局部麻酔の上、陰茎背にある冠状溝皮膚上に1cm~2cmの横切りをします、筋膜放射状分布の陰茎背神経を剥がし、中心部神経分枝以外、陰茎神経分布の多少によって、切除する遠端神経の本数を決めます、これによって陰茎の敏感度を部分下げることは可能です。切り口を縫合して、術後約一周間で退院ができて、性交は20日後からできる。

 

 

down

コメントする




早漏克服(そうろう克服)

早漏対策(そうろう対策 )

早漏治療(そうろう治療)