早漏改善 - 早漏防止 - 早漏治療 | そうろう対策集

早漏防止、早漏治療、早漏改善(そうろう防止、そうろう治療、そうろう改善)対策方法のまとめ。

早濡治す方大公開

早濡は一般的に仕事の圧力大きく、精神緊張、セックスを頻繁にするなどことと関わり、オナニー過ぎも早濡を起こす。治療経験から見ると、これらの群体は共同な特徴を持ち、すなわち腎陽虚のことで、エネルギーが不足というものである。例えば、仕事の圧力が大きすぎるなら、必ず憂鬱な気分になり、憂鬱は肝を損じるので、肝腎は同源で自然に腎臓に影響する物。次に、初回の性交による精神緊張で早濡を起こすのはありうることで、ただし、性交経験が豊富になっても、相変わらずに条件反射のように早濡する、これはきっと腎臓の封蔵機能に問題があった。または、セックスを頻繁なり、オナニー過ぎなり、常にポルノ閲覧の男性は腎関がよく興奮な状態になって、腎陽を損耗しやすくなり、腎臓が固まらなく、精関不固ので、早濡を起こすことになる。だから、これらは全部早濡の潜在的な患者で、もし制約しなければ、絶対早濡になる。では、早濡はどのように予防できるか、早濡症状があれば、どのように早濡治すか。

 

早濡治す

 

通常な早濡治す方法

早濡治すには、先ず節欲を主とし、それから腎陽に営養補給する薬を服用することで、腎の中に水と火のバランスを取らせて、腎水が足りて火も妄動しなければ、精関は自然に固まることになる。早濡治す薬の選択は科学合理的に選択してほうがよい。早濡の多くは累積的になる病気で、功を焦るように営養補給の薬或いは成分不明な精力剤を使ってはいけないことで、ゆっくりに調理していくべき。

マッサージでの早濡治す方法

男性の性機能を高めるために、手で直接に陰嚢をマッサージの習慣を付けるのは早濡治す方法の一つであり、いつもマッサージすれば、睾丸の循環を改善できる。もし常に睾丸へ絶えずに新鮮な血液を供給できるために、当然ながら睾丸の機能を増強できて、男性の精力を高まる物である。マッサージは一日一回で、一回は2-3分間でよいだ。指で陰嚢の上から睾丸を軽く揉む。もし時間が長すぎ、刺激が強すぎになれば、逆に睾丸の機能が低下になる。
ご注意:「過ぎたるは猶及ばざるが如し」は逆効果がです。 マッサージは一日一回が最適で、每日一回の習慣は偶により大幅に効果がでる。

心理で早濡治す

現在、世界中に心理治療を図るのもあり、特に行為治療が効果あるのと思われている。一般的に心理治療を通じて、患者に性知識を伝授できて、患者さんが懸念を取り除き、焦りと緊張感を減少させるようにして、または患者さんが筋肉弛め方法を教えることによって、セックス前の不安を取り除く。 早濡治すは夫婦二人のことで、特に妻が早濡治すに重要的である。早濡の心理治療に対して、妻の協力を取ることは大事である。なぜならば女性の誤解や文句は男性の緊張、焦慮感を起し、心理的負担が重いになる。女性は思いやり、配慮の態度を持ち、言語及び行為の慰めを与えることによって、男性の緊張感を緩めて、治癒の自信を確立させようにする。

down

コメントする




早漏克服(そうろう克服)

早漏対策(そうろう対策 )

早漏治療(そうろう治療)